活動の
記録

おもちつき

 <活動の記録>

 麻布子ども中高生プラザでは、季節ごとに行われる日本の伝統文化を大切にしています。年末から年始にかけて、日本の各所で行われる「おもちつき」もその1つです。今年の麻布子ども中高生プラザでは、合計3回のおもちつきが行われました。どのおもちつきとも大変盛り上がりました。

1月5日       「お正月おもちつき」

 1月5日には、おもちつき大会を行いました。「よいしょーっ、よいしょーっ」の掛け声とともに、幼児さんは親子一緒に、力持ちの小学生・中学生は大きな杵でペッタンコ。お父さんにも手伝ってもらって、一生懸命おもちをつきました。100人を超える、たくさんの方が参加をしてくれました。ついたおもちは、きなこ味とお醤油味の2種類の味で、おいしくいただきました。みんなでついた、つきたてのおもちのおいしさは特別においしく、「おかわりしたい!」の声も多く聞かれました。

 

渡辺

1月12日午前  学童親子「もちつき大会」

 1月12日(土)に学童クラブの親子プログラム「もちつき大会」を実施しました。途中から雪が降りだす寒い日でしたが、多くの方々にご参加いただきました。もちつき部隊と調理部隊に分かれて、いざスタート!餅つき部隊は寒さに負けじと「よいしょ~」と大きな声を出して頑張りました!一方調理部隊は「きなこ」「大根おろし」などなど全部で4種類!子どもたちも保護者の皆様と一緒になって頑張りました!「今までで一番おもちを食べました!おいしかったです!」などの声もあり、新春恒例の「もちつき大会」は今年も無事に終えることができました。もちつきの最中は、保護者の方や職員など大人同士でも「もっと力強く!」など声を掛け合ったり、調理の方でも、保護者と子どもたちはもちろん、そこに職員も一緒になって協力して行うことができ、交流・親睦を深める良い機会となりました。

 

 林

1月12日午後 「中高生お餅つき」

  寒い冬の夕方、中高生の餅つきプログラムが始まりました。今回は「もちつき職人養成講座」と題して、地域の餅つき大会を担う次世代人材を養成する目的で実施しました。はじまる前にからスタッフから餅つきのコツを教えてもらいました。特に大事なのは「コメの粒がなくなるまでこねること」「疲れない杵の持ち方」だそうです。今回の餅つきは9人が参加。初めて餅をついた子は「餅つきって大変なんだな」と…。また、海外から来た中学生の子が「餅つきをしてみたかったんだ」といってお父さんと一緒に参加してした。女子中学生たちも「杵を振り上げるのが楽しかった」といっていました。さてこれから「もちつき職人」としてデビューです。乞うご期待!

遠藤

 

 

ブラインドサッカー体験教室

2月2日(土)「ブラインドサッカー体験教室」

 パラリンピック種目でもあるブラインドサッカー(視覚障害者5人制サッカー)。今テレビでも大注目の競技の体験教室が、港区キスポート財団、港区サッカー協会、そして日本ブラインドサッカー協会の協力のもと実施されました。当日は男の子を中心に22名の小学生が参加してくれました。ご指導していただくのは、ブラインドサッカー元日本代表の「吉原さん」。本物の選手を目の前にし、子どもたちはみんな少し緊張した顔です。

 

吉原さんは全盲で、明るい、暗いはなんとなく分かるけれど、みんなの顔はよく見えないんだと穏やかに話してくれました。ブラインドサッカーは目隠しをし、鈴の入った音の鳴るボールを使います。音を頼りにボールを蹴り、ドリブルをし、さらにシュート! 見事遠くのコーンにあてたときは子どもたちから大きな歓声が上がりました。

今度は子どもたちの番です。チームに分かれて、選手と同じようにボールを蹴ってみますが、ボールが足に当たりません。そう、目隠しをしていて見えないのです。だから仲間が声を出して助けます。一番大切なのは、チームワーク。声を掛け合ったコミュニケーション、信頼関係がないとプレーすることができません。相手が何を欲しているのか、よく考えてサポートします。「そこにあるよ」では目隠しをしている仲間には伝わりません。「もうすこし右、いや、左か」「あと三歩前!」「10センチくらい前!」だんだん声掛けも上手になってきました。

どうすれば相手に伝わるのか、相手の立場に立って一生懸命考えていました。はじめて出会う子どもたち同士のチームもありましたが、体験教室が終わるころには、手をたたき合って喜びを分かち合う、良いチームワークを見せてくれました。最後に日本ブラインドサッカー協会の方からお話がありました。「皆苦手なことがあって当たり前。自分の得意なこと、苦手なこと、強み、弱み。そうした一人一人の違いと個性を理解して、自分に何ができるのか考えていってほしい」お話を聞いているみんなの横顔は、少し大人びて見えました。相手の立場に立つこと、声を掛け合うこと。本当に大切なことを教えてもらいましたね。最後は吉原さんにサインをしてもらいました。プラザの受付に飾っているので、みなさん見に来てくださいね。

蛯名