活動の
記録

A.S.T探検「秋の陣」~農業・収穫体験~

10月27日A.S.T(あざぶしぜんたんけん隊)は総勢39名で「あきる野市みなと区民体験農園」に向かいました。当日は心配されていた天気にも恵まれ絶好のおイモ堀り日よりでした。

農園に到着してまずは現地でご指導していただく、『特定非営利活動法人 あきる野さとやま自然塾』のみな様にご挨拶。その後すぐに、おイモ堀りがスタート。まずは大人の隊員たちが鎌を持ち、さつまいものツルを刈っていきます。次に子どもたちがツルを一箇所に運んだら、おイモ堀りの準備完了。

  

いよいよ隊員全員でおイモを掘り開始。みんな夢中におイモを掘っています。さつまいもが無事に採れた後には「とったどー」、「たくさんおイモがくっついてる!」などの声があがりました。みんな手も足もどろどろになって収穫していました。さつまいも以外に、じゃがいも、小松菜、チンゲンサイ、カブの収穫も行いました。

  

収穫体験後には、隊員みんなで、さつまいもをアルミホイルに包み炭火で焼いていざ実食。熱々のおイモを一人ひとり手渡しで受け取り、食べてみると、とてもあま~い。今まで食べてきたさつまいもとは、別物のようなおいしさでした。さつまいもを2個3個食べる隊員もいました。

大自然に囲まれ普段はできない体験ができ、参加した隊員のみんなは満足そうでした。『特定非営利活動法人 あきる野さとやま自然塾』のみな様貴重な体験をさせていただきありがとうございました。

増田

「夏は元気に!~ちゃぷちゃぷしちゃおっ!~」

夏といえば、水遊び!4階屋上に、今年もいろいろな大きさのビニールプールを出しました。新しく登場したのは、ヤシの木が生えた大きなプール。階段を上って滑ったり、恐竜の口にボールを入れたり、ヤシの木から冷たい水が出てきたり・・・楽しい仕掛け付きのプールは、皆から大人気でした。初めは1人静かに小さいプールに入っていた子も徐々に水に慣れていき、大きいプールに入って月齢が上の子と一緒に遊ぶ姿も見られました。今年は泣いてしまう子はほとんどおらず、それぞれお気に入りのプールやおもちゃを見つけて楽しむ姿が印象的でした。

また、6日間の水遊びのうち数日、小学生ボランティアの「ちぃボラ」が活躍してくれました。マットを敷いたり、ビニールプールに水をためたりと、スタッフと一緒に朝から準備を手伝ってくれました。幼児さんと水をかけ合い、気付けば洋服がびしょびしょに。あたたかく見守ってくださった保護者の皆さま、ありがとうございました。

 

                                                                                 花村

 

「なりきり!ザ★ワールド~集まれ!ちびっこ忍者編~」

6月29日(土)に、3~5歳の幼児を持つ親子30組を対象にした「なりきり!ザ★ワールド」を実施しました。第2回となる今回のテーマは「忍者修行」。この日はプラザの中に忍者道場が出現!子どもはちびっこ忍者、大人はお助け忍者としてみんなで立派な忍者になるために修行をしました。

修行に必要なのは、まずは忍び装束。黒い衣装にリボンやきらきらシールで飾り付けをし、個性あふれる衣装が完成しました。中には、衣装の切れ端でバンダナをつくるお父さんも!素敵なアイディアがたくさん飛び出しました。

準備体操で体もほぐれ、修行の開始です。敵が描かれた的を狙う「手裏剣の術」。足に鈴をつけて、鳴らさないように歩く「忍びの術」。どろん!の合図で布の裏へ姿を隠す「隠れ身の術」。細い丸太やトンネルをくぐり進んでいく「修行の旅」。忍者になるためには、たくさんの修行が必要です。「あれ~?鈴が鳴る音が聞こえるよ?」「わあ!みんな隠れちゃった。どこにいるんだろう?」お助け忍者も、ちびっこ忍者に声を掛けながら一緒になって楽しみました。

 

修行も終わって、これでみんな立派な忍者に!と、おもいきや、なんと敵の忍者に忍者の証としてもらえるはずの特別なゴールド手裏剣を奪われてしまったのです!「はっはっはっ…君たちの手裏剣はもらったぞ!」「なに~!みんなで敵をやっつけて手裏剣を返してもらうぞ!」ちびっこ忍者たちは、手裏剣の術や隠れ身の術で敵を追い詰めていきます。そして最後には忍者じゃんけんで大勝利!無事に敵からゴールド手裏剣を取り返すことができました。

今回は、「忍者修行」をテーマに実施しましたが、ほかにもいろいろなものになりきって「ごっこ遊び」を楽しみたいと考えています。見立て遊びでは子どもの想像力や感受性を豊かにする絶好の機会です。これからもプログラムに参加して子どもの想像力の豊かさを感じていただきたいと考えています。こんなものになりたい!あんなことをしたい!というアイディアがありましたら、ぜひお聞かせください。次回は9月を予定しています。皆さんの参加をお待ちしております。

金坂

AZAっこ2019

5月5日は子どもの日。

プラザも特別開館でAZAっこ2019を行いました。

今年のテーマは「鯉」。

昔から子どもは風の子って言いますよね。

館内に飾られたこいのぼりが泳ぎだすくらい、

元気に遊んでもらおうと3つのプログラムを用意しました。

【遊戯室】

AZAっこ にんげんすごろく

子ども達が、大きなすごろく盤の上をサイコロを振って進んでいきます。

進んだ先で子どもの日にちなんだクイズに正解すると、『1億はっぱー』が貰えます。

みんな何億はっぱー稼げるか、何回も挑戦したおかげで、最初は難しかったクイズも、最後には端午の節句の由来や兜を飾る理由など、しっかりと覚えて帰りました。

【アリーナ】

アミューズメントパークAZABU

アリーナの奥はアスレチック、手前は巨大迷路。

アスレチックは幼児さんが楽しそうに何度も遊んでくれました。お母さんからは「こんな楽しいことができてよかった」というお言葉をいただきました。巨大迷路は、小学生が宝探しなどの新しい遊びの提案をしてくれたり、午後には中学生が迷路のコースを変更してくれたりと、子どもたちで何度も遊べる工夫をしていました。

 

【創作室】

みんなでこいのぼり

絵具をつかって大きなこいのぼりをを作りました。

大胆に絵具を使う子、足形をつける子、鉛筆で下書きをする子や、はたまた中学生が本気を出して描いたりと色々なこいのぼりができあがりました。普段はできない体験ができて、みんな大満足そうでした。

AZABU SPRING CAMP2019

2019年3月27日~3月28日に2度目となるAZABU SPRING CAMP2019 を実施し、小学3年生~中学1年生、合計63名が参加しました。スプリングキャンプの舞台は、妙高山のふもとに位置し、白銀の世界とともに大自然に囲まれた「国立妙高青少年自然の家」。昨年度に引き続き、冬から春へと移り変わる季節を感じながらのキャンプ生活となりました。

1日目、キャンプ最初の活動は「グループアクティビティ(そり・チュービング)」でした。そりやチュービングの他にも、グループで協力してリーダーを雪に埋めたり、壁を作って雪合戦をしたり…子どもたちが思い思いに楽しむ姿がありました。夜は森の中で「ナイトウォークラリー」を行いました。班ごと、森の中に隠されたキーワードを懐中電灯ひとつで探し出しました。

2日目、午前中からお昼にかけて「歩くスキー(クロスカントリー)」を行いました。歩き方や転び方のレクチャーを受けて出発!この時期には珍しく朝から雪が降っていました。新雪を踏みしめ、班員で協力して森の中を進んでいきました。午後予定されていたかまくら作りは悪天のため中止。代わりに開催されたのが「スタンツナイト・キャンドルセレモニー」です。スタンツナイトとは、班で3分程度の劇を考え、披露するものです。練習時間には班員が頭を突き合わせて一生懸命案を出し合っていました。スタンツナイト発表後は、キャンドルセレモニーを行いました。暗闇の中揺らぐろうそくの火は、とても幻想的で子どもたちも感動していたようです。

 

3日目はアドベンチャーゲーム「ナンバーコール」を行いました。青チームと緑チームに分かれ、敵の陣地にある旗を取りに行きます。攻めている途中に、自分の頭につけている4ケタの数字を叫ばれると天国に行かなければいけないため子どもたちは様々な手段を使い数字を隠しながら敵陣へ攻めていました。最後には2454メートルの妙高山をバックに記念写真をみんなで撮り、キャンプ場を後にしました

               

妙高からプラザに戻り、保護者の方に会ってすぐ「来年も参加する!」と宣言する子どもが多く、子どもたちの中の満足感、充実感が伝わってきました。次回は8月18日~20日に「AZABU SUMMER CAMP 2019」を予定しておりますので、たくさんの参加をお待ちしております!

                                                                                                                                                                                                                 川手