活動の
記録

サンタがプラザにやってきた?!~ひろばクリスマス会より~

12月19日(火)ひろばのクリスマス会、
「親子でほっとクリスマス」が行われました。
当日はサンタの衣装を着たミニサンタやクリスマスカラーで
おしゃれをしてきたお母さんや子どもたちが約40組。
広いアリーナがクリスマス一色の華やかな雰囲気に包まれました。

IMG_2675①

今回のオープニングではお母さんたちのサークル
「英語でpicnic 」の皆さんにご協力いただき英語の体操や
手遊びを楽しみました。
すぐに英語の歌を楽しむその様子はまさにインターナショナル!
さすが麻布地区の子どもたち!

IMG_2680②

英語遊びの後は親子で楽しむゲーム。
「つむつむプレゼント」は2チームに分かれ、箱を高く
積み上げたほうが勝ちというシンプルなもの。
子どもたちはせっせとお母さんに箱を運び、お母さんは箱を積みあげ、
親子の連携プレイで高いタワーを作ります。
プレゼントの箱を運ぶ子どもたちはまるで大忙しの
サンタクロースのよう。
見ているだけで幸せな気持ちになりました。
一方のお母さんたちはいかに高く積むか作戦を立てたり、
倒れないようそーっと箱を積んだりと真剣そのもの。
親子で存分にゲームを楽しみました。

IMG_2684③            IMG_2688④

さて、このクリスマス会は
「サンタがプラザにやってくる?!親子でほっとクリスマス」
というプログラム名なのですが、
その名の通りサンタはプラザにやってきたのでしょうか?
はい、やってきました。会の終盤、サンタクロースは着地に失敗し、
大きな音を立てながら子どもたちの前に登場。
子どもたちは突然目の前に現れたサンタクロースにびっくり。
怖くて泣いてしまう子、にこにこしている子、
「ごはん食べて来たの?」と質問する子など様々でしたが、
最後はサンタさんからプレゼントをもらい一緒に記念撮影。
ちょっと緊張しながらも嬉しそうな子どもたちでした。

IMG_2727⑤

会終了後のちょっといい話。参加していたお母さんから
「前から気になっていたお母さんのところに私が持ってきた
プレゼントが渡っていました。思い切って声を掛けてみたら
話しやすいお母さんで、ラインの交換までしました。」など、
他にも感想や会での嬉しかった出来事を沢山聞くことができました。
親子で季節の行事を楽しむだけではなく、クリスマス会を通じて
新しい出会いやつながりができていることが嬉しく、
そして温かな気持ちとなった「親子でほっとクリスマス」でした。

(大橋)

 

「おひるねアート」~笑顔も泣き顔も思い出に…~

PAPA・MAMA Teacher第3弾。
普段、利用者として子育てひろばに遊びにきている
パパやママが趣味や特技を活かし、
参加者の皆さんと楽しい時間を共有するというプログラム。
ひろば利用者でもある認定講師の安田さんと共に行う
『おひるねアート』は昨年に引き続き2回目です。
おひるねアートとは布や洋服など、家にある…
身近な素材を使ってアートを作り、
そのアートを背景に赤ちゃんの寝顔や笑顔を残す
写真のことです。

IMG_2363

1日目の11月28日はグループごとに分かれ、
自己紹介やグループ名、どんなアートにしたいかテーマを決め、
さらにイメージをラフ画にし、
どんな材料を持ち寄るかの話し合いをしました。
この日が初対面?とは思えないほど、
和気あいあいとした雰囲気で時間はいくら
あっても足りない感じでした。

IMG_2178(1日目)

2日目の12月5日はこの一週間、グループごとに
決めたものを持ち寄り、アリーナを使い
それぞれアートを作りました。
バスタオルがこんなものに?これ手作りなの?
各グループ、ママ達のアイディア賞がいっぱい。
子どもたちは・・・ママ達が並べた小物を並べ替えてみたり…
こっちからあっちへ道具を運んだり…
しっかりお手伝い??しておりました。

IMG_2341

さて!いよいよ写真撮影。サンタの衣装やお正月用の袴に着替え、
ママ達の気合いもさらに入ったのとは
反対に子どもたちは緊張したのか泣き出す子も。

大人みんなで笑顔を引き出そうと…
カメラ目線をとろうと…協力する姿は最高でした。

IMG_2355

先生より「泣き顔の写真はこの頃しか撮れないし、
意識しなければなかなか残せるものではありません。
泣いていてもがっかりせずに思い出の一つだと思ってください」
と素敵なコメントをいただきました。子ども達が大きくなった時、
きっとこんな写真も嬉しい物だと思います。
いろいろな表情の思い出が残せるといいですね。

IMG_2377    IMG_2373

今回もご協力いただいた安田さん、
素敵な時間をありがとうございました。

(菅原)

A.S.T. 冬の森探検に出発だ!

A.S.T.とはあざぶ自然探検隊のこと。自然に興味を持ち、
自然の中で遊ぶのが大好きな隊員たちの集まりです。
今までも春の里山で生き物観察の訓練をしてきました。

さて、すっきりと晴れた日曜日、我らA.S.T.隊員は、
あきる野市にある「みなと区民の森」にバスで
探検に出かけました。

今回のA.S.T.の目標は、冬の森の魅力に出会うこと。
細い山道の先にある目的地に行くにはマイクロバスで行く
しかありません。ギリギリの道路を走って、
やっとのことで到着しました。

到着したら、まず薪拾いをしてたき火の準備をします。
厳しい傾斜を登って枝を集め、お父さんたちが頑張って枝を折り、
積み上げていきます。薪の準備ができたら、次は火付けをします。
でもマッチの使い方がわからない子どもがたくさん!

あきるの自然塾の児玉さんが丁寧に教えてくれましたが、
なかなか難しいようで、何度も失敗しながらなんとか火付け成功です。
盛大に燃やして、熾火(おきび)になったところで、
お楽しみのおやつタイムです。

みんなで持ち寄った「焼いてみたいもの」を手作りの竹の串に刺して、
たき火であぶっていきました。
マシュマロ、ソーセージ、パン、バナナ、ポップコーン……
いろんなおやつがでてきました。

定番のマシュマロはなかなか難しくて、真っ黒になったりもしました。
この後、たき火にサツマイモとサトイモを入れておきます。
お昼には具だくさんのいも汁が出ました。
お弁当もたくさん食べて、いざ冬の森探検に出発です。

「これは鹿が食べたあとだよ」「この足跡はイノシシだよ」
初めて聞く冬の森のお話に、子もも大人も興味深々でした。
探検したあとに食べたほくほくのおいもはおいしかったですね。

帰りは途中で道の駅「八王子滝山」に寄って、お土産タイム。
両手で抱えるくらい大きな大根を買ったり、
おいしそうなミカンを買ったり。
「お母さんにお花を買って帰る」なんて子もいましたよ。

今回から参加の人はA.S.T.3級、
2回目の参加の8名は2級の資格をゲットしました!
次はどんな自然の中にA.S.T.は発進するのか!?
楽しみにしていてください。

(蛯名)

大人も子どもも Let‘s Dancing

12月3日に、麻布子ども中高生プラザでダンス交流会が実施されました。
ダンス交流会とは、ダンスの発表を通じて、様々な地域の児童館で
活動する子どもたちの交流を図ることや、ダンスを楽しむ機会の
提供を目的として実施しているプログラムです。
参加館は、台東区立松が谷児童館、新座市福祉の里児童センター、
草加市立氷川児童センターと、麻布子ども中高生プラザの全4館。
プラザからは、ダンスクラブ“NEW STREET”の
小学校1年生~6年生のメンバーが参加をしました。

IMG_2237

麻布子ども中高生プラザで実施するダンス交流会は、今年で2回目。
今年もたくさんのお客さんで賑わいました。
昨年は、初めての他の児童館との交流に緊張し、
動きがかたくなっていた様子のわがダンスクラブの子どもたち
でしたが、今年はパワーアップしていました。
なかでも、音楽に合わせて1人1人音に合わせて自由な振り付けを
するダンスワークショップでは、他の館の子に声をかけ、
2人でペアになって振りを踊っていたり、
側転を披露したりと堂々とした姿で輝いていました☆

IMG_2242        IMG_2251

また、ダンスワークショップにはご見学の保護者の方も
参加をしたのですが、その中で、
ひときわ目を引くお父さまがいらっしゃいました。
クルクルッと背中で回り、逆立ちのような格好で止まる、
難易度の高いブレイクダンスに驚きました。話を聞くと、
なんとダンスクラブの小学校1年生の女の子のお父さんで、
趣味でダンスをやっているとのことでした。
かっこいいスピンをご披露いただき、ありがとうございました。
こんな風に、子どもも大人もノリノリのダンス交流会でした。

IMG_2254

ダンスクラブ“NEW STREET”の発表は来年3月のAZA-FES
での発表を予定しています!楽しみにしていてくださいね。
また、このクラブは小学生を対象としているダンスクラブです。
ご興味ある方はご相談くださいね。お待ちしています。

IMG_2293

(渡邉)

とり+かえっこ

11月12日に、今年度2回目のとり+かえっこを開催しました。

「とり+かえっこ」とは、「まだ使えるけど、もう使わない。
でも誰かに使ってもらいたい。」そんなおもちゃを持ってきて
ポイントに交換し、変えたポイントで他のお友達の持ってきた
おもちゃを買うことができる、子どもたちの作るイベントです。

その中心となるのが「子ども店長」です。
事前準備から当日の運営までたずさわります。

IMG_1961

今回の子ども店長は9名! 1週間前から準備をする店長さんたち・・・
今までのとり+かえっこでは「ゲームやさん」だけでしたが、
今回は店長企画による、「ゆびわやさん」
「ぬりえやさん」も登場しました。
「つぎはこっちを作ろう!」「宣伝に行きたい!」などと
いつも以上に積極的な姿にびっくり^^
自分たちが考えた企画ということもあり、
いつも以上に張り切る姿が見えました。

当日はゆうぎ室がとり+かえっこの会場になりました。
とり+かえっこが始まるまで、
「いらっしゃいませ!」「こんにちは!」と声だしの練習、
各ゲームやさんのルールの確認や
オークションに出すおもちゃの確認・・・
準備にとっても忙しい店長さんたちです。

14時になり、とり+かえっこが始まると
この日を楽しみにしていたお客さんで
会場がいっぱいになりました。

IMG_2006    IMG_2015

特に子どもたちが作ったぬりえや、ゆびわ作りコーナーが大人気!
作ったゆびわをお母さんにプレゼントする幼児さんがいたり、
女の子が、お父さんと一緒にぬりえをしていたりと
すてきな瞬間がたくさんありました!
もちろんゲームやさんも盛り上がりました。
プラザに関する「〇×クイズ」になんども参加して
プラザについて詳しくなったり、
「5・7・5やさん」で初めて俳句をペルシャ語で挑戦したり…
他には、特別ゲーム「ネズミネコゲーム」
をアリーナで開催しました。

IMG_2019

 

妹のために自分のポイントをたくさん使っておもちゃをもらう子、
ずっと狙っていたおもちゃがもらえなくて悔しがる子や
オークションの司会をしながら、オークションに
参加する子ども店長さんなど
とり+かえっこでしか見られないであろう子どもたち
の姿がたくさんありました。

IMG_2030

次回のとり+かえっこは2月を予定しています。
沢山の方参加、お待ちしております!!

(川手)